FC2ブログ

ウソブクタマシイ ある日の想い

 
20
 
ドビュッシーとパリの詩人たち

 昨日のワイルドな泉谷しげるさんのライブから一転、
本日は、上品なクラシックであります。ドビュッシーさんであります。
何でもドビュッシーさんが亡くなられて百年だそうであります。
百年前というと、怪盗アルセーヌ・ルパンが巴里の屋根でマントをひるがえしていた頃であります。
かの怪盗に見習って十字屋の5階に華麗に?降り立ったのでありますが、
初心者には難しい講義有りのコンサートなのでありました。
しかも、こちらは昨夜の酒が残っているときている・・・・・・。

うーむ・・・・・・印象派とは絵だけでなく音楽も巻き込んだ運動だったのかぁーっ。
青柳さんは、ドビュッシーさんが印象派だったことに否定的でありましたが
(ご本人のドビュッシーさんも否定されておるようざんす)
フルートの音色が和な感じがするぞな。こないだ観た時代劇の効果音とかぶって聴こえるぞっ。
日本・・・・・・ジャポニズム・・・・・・・印象派じゃないかっ!やっぱり。

シューシュー

フレージング・・・・・・前に読んだ本に演奏が楷書体から草書体に変わったなる記述があったのは
そういうことなのかっ。
しかし、初めて聴く曲だと、そういうもんかと思って聴くから僕には解らんわなぁーっ。

シューシュー

2015.3.19モネ展その2

シューシュー

牧神の笛は葦で作ったものなのかぁーっ。時々、角笛を持っておるのがいるけど間違いなのねっ。
牧神・・・・・・調べてみたら、とんでもない助平ではないかっ!
「牧神の午後への前奏曲」の哀しい調べは何なのさ。
(写真はモネさんの収集品のロダンさんの作品であります)

シューシュー

勿論、何の知識がなくとも素晴らしいものは、素晴らしいのでありましょうが、
知らなければ解らないこと感じられないものがあるのであります。
絵だと、よく子ども描いたような絵だと比喩されるピカソさんの絵でありましょうか。
僕は感性やらを信用していないのだっ。

シューシュー

しかし、僕の脳味噌もこのへんで限界であります。

2018年沖縄フェスその1

 頭がシューシュー、音を立て熱を帯びてきたので、
避難であります。オリオン・ビールで熱を冷ますのであります。
何だかんだで毎年、来ている法林寺の沖縄フェスであります。
豚マフィン、美味し!

シューシュー

2018年沖縄フェスその2

シューシュー

しかし、アルコールの摂取のせいか
ロック、クラシック、島唄がグルグルと回っているのであります。
泡盛ミルク割り、美味し!

2018年5月20日

しかし、クラシックの感想が、こんなのでいいのか!僕よ!
スポンサーサイト
    20:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://soulosamu.blog121.fc2.com/tb.php/503-260de117
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード