FC2ブログ

ウソブクタマシイ ある日の想い

 
14
 
山本まりこさん写真展「熊野古道を歩いています。」

 『写真家 山本まりこ写真展「熊野古道を歩いています。」』
日時:2018年4月11日(水)~22(日)13:00-21:00
場所:京都アートホステル クマグスク
住所: 京都市中京区壬生馬場町37-3
電話:075-432-8168
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
■トークショー:4月14日(土)17:00-18:00
■トークショー:4月15日(日)14:00-15:00
■カレーナイト:4月13日(金)18:00-20:30

山本まりこさんの写真展「熊野古道を歩いています。」の行ってきたのであります。
「熊野古道を歩いています。」さりげなくって真っすぐな好いタイトルであります。
応用もききそうであります・・・・・・。

武信稲荷神社その1

 『武信稲荷神社に寄り道しています。』

どこにでもあるような街中の小さな神社でありますが、
幾つかの謂われのある神社なのであります。

武信稲荷神社その2

『武信神社が傾いています。』

鳥居が傾いております。
その奥の狐も台座ごと傾いております。
落っこちるんじゃないかと不安になりながら歩を進めると
時すでに遅し!狐の顔は無残にも欠けており、
もう一方は台座のみになっておったのであります。

武信稲荷神社その3

『稲荷神社なのに狛犬が笑っております。』

藤原武信さんが、この神社を厚く信仰したのが、
この神社の名前の由来だそうで、
一寸法師が川を下り滞在したのが、この辺りなのだそうであります。

武信稲荷神社その4

『狛犬の後ろの榎が、そうであります。』

幕府から身を隠していた坂本龍馬さんが、おりょうさん宛に
この檜に「龍」と伝言を刻んだことにより再会をはたしたそうであります。

喫茶鈴屋その1

『鈴屋で腹ごしらえをしています。』

1946年創業だそうであります。
コーヒーとカレーがうりなのだそうであります。
昔ながらの町の喫茶店のカレーと思うところもあったのでありますが、
意外や意外、濃厚で美味しかったのであります。
地元の客さんに混じって、
僕のような喫茶店巡りのお客さんもおられたのであります。

喫茶鈴屋その2

『裸のマヤが飾られています。』

表にフォト、コーヒーと書かれておったのでありますが、
何故か飾られておるのは、ゴヤさんの「裸のマヤ」
しかし好い感じにレトロなステンドグラスの上にはスタジオの看板。

喫茶鈴屋その3

『アイスコーヒーは50円増しであります。』

おぉ!コーヒーも美味しい。
しかし、アイスコーヒーでもスプーンなのか?
ストローでなくスプーンなのか?
いや別にいいんだけど・・・・・・。

京都アートホステル クマグスク

『アートホステル クマグスクに来ています。』

宿泊型アート・スペースなのだそうであります。
ようやく本日の目的地なのであります。
写真展に行くとガッカリすることが、よくあるのであります。
ピントを合わすことだけに重点を置いた面白味のない写真か
逆に思わせぶりだけで何も表現していない写真が多いからであります。
(これは白黒写真に多いのだなぁーっ)
そんな他人に厳しく自分に甘い僕が唸ったのが、
数年前に神田神保町で偶然、観た八幡宏さんと山本まりこさんご夫婦の写真展でありました。
お二人とも、全然、違う世界感ながら、視点ながら、
写真の一枚一枚に良質な物語が込められておったのであります。

「熊野古道を歩いています。」案内状

『打ちっぱなしのコンクリートに熊野古道の木々が生えていたのであります。』

ホステルの受けつけを抜けると熊野古道が広がっていたのであります。
生憎の曇り空の中、柔らかな光が、そこに広がっていたのであります。
興味深い展示の仕方でありました。
写真撮影OKの表示があったのでありますが、
いやいや写真家の前でカメラを取り出すなど無理でしょう。
どんな世界が広がっていたのか、
是非、足を運んで確かめて頂きたいものであります。

山本まりこさんサイン

『山本まりこさんのサインを頂いたのであります。』

案内状の熊野古道の写真、柔らかな光で、
すごく広がりがあるのでありますが、
実際には雨の中での撮影だったそうであります。
人間の眼はよく出来たもんで、
自然にフォーカスしトリミングしているのであります。
何故、僕は、眼で見ている通りに写真で撮れないのだと
写真家の方を羨んでおったのでありますが、
さらに写真家の方々は、別世界に進んでおられたようであります。
あゝ・・・・・・僕は絵を描くといたしましょう。
スポンサーサイト
    23:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://soulosamu.blog121.fc2.com/tb.php/500-3fed6354
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード