FC2ブログ

ウソブクタマシイ ある日の想い

 
24
 
記事の日付は24日でありますが、これを書いている本日は26日であります。
そんなわけで先週は寒かったーっ。
そのせいか数日間、体調がすぐれなかったのであります。
人間の体は、その時に必要な栄養源を欲すると何かで聞いたような気がします。

アーモンド・トースト

 そんなわけで、姫路名物アーモンド・トーストであります。
(写真を撮りそこなったのでインターネットで裕ってきた写真であります)
ちくっとした有名喫茶で食べて来たのであります。
カウンターの中の従業員はテキパキ。
客席の方は落ち着いた雰囲気、好い店でありました。
禁煙でないのも嬉しい限りであります。

姫路おでん₋その1

 生姜醤油で食べる姫路おでんであります。
意外と違和感なく食べれます。
しかし、本当に身体がアーモンド・トーストやおでんの栄養素を欲していたのかは謎であります。

姫路おでん₋その2

 しかし、今、食べないとおでんの美味しい季節は過ぎ去ってしまうのだっ!
子どもの頃によく食べた塩見饅頭。
最近、見かけないと思ったら赤穂の名産だったのですねっ。
(母の田舎が兵庫県の山奥なのであります。)
久々に口にした塩見饅頭は懐かしく、そして美味しく、一人で平らげてしまったので、
写真もお土産もないのでありあす。
しかし、本当に身体がアーモンド・トーストやおでん、そして塩見饅頭の栄養素を欲していたのか?

姫路城その1

 ついでに姫路城を見学。
母の田舎に行くときには姫路は通過点だったので来るのは初めてであります。
想像していたよりも広い敷地であります。

姫路城その2

 桜には、ちくっと早かったようであります。

姫路城その3

 塀の幾何学的な穴で、どことなくユーモラスにも見えるのでありますが、
攻めてくる敵をこの穴から鉄砲や矢で討ったのでありますねっ。

姫路城その4

 そう考えると怖い穴でありますねっ。
少々、閉所恐怖症の僕にも怖い穴なのであります。
子どもらが穴に顔を入れて「バンバン!バン!」とはしゃいでおりましたが、
僕には無理でありました。

姫路城その5

 お城の中は殺風景でありました。
ちくっと疑問なのでありますが、当時の内装はどうだったのでしょう?
有事の際の要塞だったのか、武士の仕事場だったのか、殿様の住居だったのか、
ちょっとした展示物があれば良いのにと思ったのであります。

姫路城₋お菊の井戸

 「いちま~い・・・にま~い」で知られる怪談皿屋敷のお菊の井戸であります。
ただお菊の井戸は各地にあるようで、
東京だと番町皿屋敷、姫路だと播州皿屋敷になるようであります。

姫路城その6

 姫路城には、他にも宮本武蔵の妖怪退治や守り神の刑部明神の伝説があるのでありますが、
この白く清廉なお城には生臭い話は似合わないですねっ。
ここ数日の陽気のせいか、歩き回ったせいか、はたまた充分な栄養を摂取したせいなのか
体調は上向きなのであります。
スポンサーサイト
    20:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://soulosamu.blog121.fc2.com/tb.php/498-699f34d5
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード