FC2ブログ

ウソブクタマシイ ある日の想い

 
10
 
京都国立近代美術館「ゴッホ展」その1

 京都国立近代美術館であります。
ゴッホ展であります。巡りゆく日本の夢という副題がついております。
ゴッホさんの作品だけでなく、
ゴッホさんに影響を与えた浮世絵も一緒に展示されておるのであります。
前に観た「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」も同じような展示の仕方で、
その時にも感じたのでありますが、
洋画と浮世絵を交互に見せられると気持ちの切り替えが上手くいかずに
集中出来ないので好きではありません。

京都国立近代美術館「ゴッホ展」その2

 しかし、ゴッホさんの厚塗りの油絵に発色、印象ともに負けない広重さん北斎さんは、
改めて凄いもんであります。
忘れがちでありますが、浮世絵は一部の愛好家のためのものでなく
庶民のものだったのであります。
当時の日本の文化水準は高かったのでありますねっ。

京都国立近代美術館「ゴッホ展」その3

 森村泰昌さんが製作したゴッホさんの《寝室》であります。
写真撮影自由とは知っておったのでありますが、
残念ながら上がって絵の一部になることは出来ず、手前での撮影のみでありました。
作家の藤本義一さんがゴッホさんのファンで、
別荘の小部屋に同じようにゴッホさんの《寝室》を作られておりました。
ちくっとした縁で、一度、話せてて頂いたことがあるのでありますが、
その時にゴッホさんは狂人だったから、あのような絵を描けたのでなく、
正常に戻った時に絵を描かれていたのだとおっしゃられておったのであります。

京都国立近代美術館「ゴッホ展」その4

 うーむ・・・・・・しかし・・・・・・僕は・・・・・・やっぱり、ゴッホさんは、き〇がいだったと思うのだっ。
何故、そこに赤を使う。あぁ、線で描くのねっ。
チューブからひねり出したままの絵具を使うのねっ。
上手く描けないからと耳を切り落としちゃったゴッホさん(諸説有り)
浮世絵を油絵で模写したゴッホさん、
僕等は技術じゃないところにゴッホさんには惹かれるのだけれど、
僕は、そっちには行けないし、行きたくないのねっ。
僕は、別の道から歩いていくぞなゴッホさん。
スポンサーサイト
    22:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://soulosamu.blog121.fc2.com/tb.php/496-fda66e27
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード