FC2ブログ

ウソブクタマシイ ある日の想い

 
18
 
 上野は鬼門なのであります。
前に下町風俗資料館の2階の窓から「あぁ、雨が降って来たな」と憂いておったなら、
館員のおばちゃんがやって来て「あそこ見てみ、ほらっ、オカマの立ちんぼ。あぁ、付いていかはった。
あんた、引っ掛かったらあかんよ。それとなぁ、ベンチに座ったらあかんよっ。
浮浪者の蚤とダニだらけやから」と教えられたのであります。
上野公園は行楽客と浮浪者にオカマの混じったカオスな場所なのであります。

国立科学博物館その1

 どうも、浮浪者の方々を見ると気持ちがざわつくのであります。
今回も、公園でお弁当を広げる家族連れの合間に横になっている人々。
子どもらの目には、どんな風に映っているんだろ?

国立科学博物館その2

 巨大な鯨の如く、何事にも動じない大きな心を持ちたいものであります。
固まりかけた心をほぐしつつ国立科学博物館へ。

国立科学博物館その3

 ドーン!恐竜であります。
太古のロマンであります。
国立科学博物館は、我が町の京都市科学センターの10倍以上のボリュームでありました。
(京都市科学センターのレトロさ、しょぼさは、それはそれで愛おしいのであります)

国立科学博物館その4

 トリケラトプス、正面から見たらペタンコなのだなっ。
何か所か上からも見れるようになっていたのでありますが、
背骨が、まるで鎧のようでありました。
自然の造形って、すごいのでありますねっ。

国立科学博物館その5

 恐竜の骨を見てロマンだ。
熊や鹿のはく製を見て「こりゃ、人間は勝てんわな」と感心してたのも束の間、
だんだんと心は落ち込み始めるのであります。

国立科学博物館その6

 骨はよくって、はく製はというのも勝手なのだけれど・・・・・・。
(ネコ科はいかん・・・・・・ネコ科は特にいかん・・・・・・)
いや、科学のためなのだろうけれど、
それなら、動物園はと聞かれたら、答えられないのだけれど・・・・・・。

国立科学博物館その7

 怒涛のはく製のラッシュであります。大小合わせると100体以上はあったのではないでしょうか。
はしゃぐ子どもらを見て、さらに僕は深淵へと陥っていくのであります。

国立科学博物館その8

 動物の目が綺麗で困ります。
固められてしまったライオンは何を見ているんでしょう。
ニーチェさんなる方が「お前が深淵を覗くとき、深淵もまたお前を見ているのだ」と申されておりました。
見られてるのは僕?

 さて、ここまで読んで見て下さった方に、
僕から鬱要因のおすそ分け。

国立科学博物館その9

 忠犬ハチ公だっ!
 僕と一緒に落ち込みやがれ。わはははは!
国立科学博物館のすぐそばには、生きている動物が見れる動物園があるから、
はく製なんか置かなくてもいいのに。
しかし、何でハチまで・・・・・・。

 
おまけ、上野動物園前交番

上野動物園前交番

 何で、こんな形なんでしょう?
ちくっと科学捜査隊の基地みたいで、くすぐられます。
こういうのは、大歓迎であります。
スポンサーサイト
    21:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://soulosamu.blog121.fc2.com/tb.php/478-140a4533
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード