FC2ブログ

ウソブクタマシイ ある日の想い

 
16
 
 あんなに暑かった夏が、このまま涼しくなるのかといぶかるほど猛威をふるっていた夏が、
気がついたら身を引いていて、いつの間にか秋であります。
芸術の秋なのであります。
ちくっと東京滞在記は置いといて、芸術の秋を堪能してきたご報告であります。

地下鉄構内に自転車

 地下鉄丸太町駅構内に自転車!
誰ぞやのイタズラかと思いきや、前に回ると「駅業務」の貼り紙が。
うーむ・・・・・・迅速な業務、ご苦労さんと書きたいところだけれど、そんなに大きな駅かい?

アートステージ567

 アートステージ567さんで催されている「それぞれのネコ展」にうかがってまいりました。
総勢21名の方々が思いをこめた猫が、丸まったり伸びしたり跳ねたりしておったのであります。

2017年「それぞれのネコ展」その1

 こちら、ナカガワ暢さんさんの作品であります。(ご本人の許可を得て撮影しております)
夜の猫でありますねっ。

2017年「それぞれのネコ展」その3

 うむ、こちらは撮影失敗。何が描かれているか解りませんねっ。
どうぞご自分の目で確かめに行って下さい。

2017年「それぞれのネコ展」その2

 落ち着いた好い雰囲気のギャラリーであります。
模写する少女。将来の画家さんでありましょうか。
「それぞれのネコ展」明日の5時までの催しであります。
絵の他にも置物や小物雑貨が展示販売されておるのであります。

写真展オードリー・ヘプバーン

 猫のようにしなやかで、
猫の目のように表情豊かな「写真展オードリー・ヘプバーン」も覗いてきたのであります。
こんな表情豊かに魅力的な方だと写真家も撮っていて楽しいだろうなと思ったのであります。
9割方のお客さんが女性でありました。
そういや、ヘプバーンさんの主演作で僕の好きな「パリの恋人」は女性には、いまいち不評のようであります。
本屋で働く少女が、ファッションモデルとして見いだされと、よくあるシンデレラ・ストーリーなのでありますが、
相手役のフレッド・アステアさんが年を取り過ぎているというのが理由のようです。
夜の庭でステッキを小道具にアステアさんが、
闘牛士を演じるダンスシーンは見事なのでありますが、確かに王子様ではないですねっ。
こちらは、大丸ミュージアム京都にて、9月25日までの催しであります。

2017年ー東京猫その1

 おまけ、東京で再会した猫であります。
画廊近くの駐車場を住処にする町猫。2年ぶりの再会であります。
随分と貫禄が出て来たなぁーっ。また再来年に会おうぞよ。

2017年ー東京猫その2

 帝釈天参道の看板猫であります。
前に参道の真ん中で横になって撫でさせてくれた猫も健在で、店の奥で寝ているとのことでありました。
しかし、商品の上で良いのか?
寝にくくないのかねっ?
さてと、朝、早かったので、僕も猫のように丸まりますかい。
スポンサーサイト
    11:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://soulosamu.blog121.fc2.com/tb.php/477-55112bbf
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード