ウソブクタマシイ ある日の想い

 
05
 
 近頃、やさぐれておるので、
童心を取り戻そうと出かけたのであります。

ウルトラセブン展その1

京都高島屋で催されている「ウルトラセブン 放送開始50年記念 ~ モロボシ・ダンの名をかりて」展であります。
いやはや、こういうのは子ども心と言わず、
幼稚と言われても仕方のないのは解っているのでありますが、

ウルトラセブン展その2

 しかし、この巨大なアイスラッガーを見て心躍らない、かつての男の子などいるものでしょうか?
子連れのお客さんも沢山いたのでありますが、
おおむね、大人たちの方が楽しんでいたようであります。
年配の女性客が多かったのも意外でありました。

ウルトラセブン展その3

 思ったよりも、多くの展示があったのでありますが、
残念ながら、ほとんどの場所が撮影禁止でありました。
多くの怪獣が展示してあったのでありますが、
ほとんど馴染みがないのに、びっくり。
そういや、今更ながらでありますが「ウルトラセブン」って、
ほとんど観た記憶がない・・・・・・。

ウルトラセブン展その4

 当然、このウルトラマン・レオも、ほとんど観た記憶がありません。
展示の途中、セブンの最終回を大スクリーンで流していたのでありますが、
当然、ちゃんと観たのは初めてで、
ちくっと感動してしまったのであります。

ウルトラセブン展その5

 この隣の方には、まったく見覚えがありません。
しかし、幾話かは観たことがあるようで、
大竹しのぶさん主演の「あゝ野麦峠」を観た時に、
モロボシ・ダンが若い女工さんの帯を持って回しているのを観て、
何をやっているのだとショックを受けた記憶があるのであります。

ウルトラセブン展その6

 みょうに充実していた記念品かつお土産売り場。
僕のボールペン・コレクションも充実していくのであります。

2017.5.5-京都国立博物館

 ここより、大人バージョンの僕なはずでありましたが・・・・・・。

京都国立博物館₋ロダン考える人

 ロダンの考える人は、当然、考える。

京都国立博物館ートラりん

 トラりんも考える。

「いつだって猫展」を見に来たのに、
やっているのは似ても似つかぬ「開館120周年記念特別展覧会 海北友松」展。
考え付いたのは、
あぁ、国立博物館と文化博物館を間違えたのでありますねっ。

京都国立博物館ー海北友松展

 空間の余白の使い方が凄い・・・・・・。作品の大きさが凄い・・・・・・。
龍の身体の表現が・・・・・・動きなのか、風なのか、波紋の様な表現が凄い・・・・・・。
ついでに、龍の鼻毛も凄い・・・・・・鼻毛、描くかね普通・・・・・・。

しかし、ウルトラセブンも龍も、架空の動物っていう意味では、同じようなもんじゃね?
スポンサーサイト
    16:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://soulosamu.blog121.fc2.com/tb.php/466-c2e3fe81
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード