FC2ブログ

ウソブクタマシイ ある日の想い

 
12
 
京都コンサートホールその1

 京都は北山にある京都コンサートホールであります。
僕の少々容量に問題のある脳味噌では、ここに来るのは初めてじゃないかなっ。

京都コンサートホールその2

 見渡す限り・・・・・・お年寄り。推定、60歳~70歳でしょうか。
ここでは、まさかの僕が若造であります。
ちくっと不安になって、チケットの日付を確認した次第であります。

京都コンサートホールその3

 施設内に入ると、人の居ない不思議な空間があったのであります。
好奇心に誘われるまま、ついフラフラと中央へと行ったのでありますが、

京都コンサートホールその4

 爺ちゃん、婆ちゃんの注目を一身に集めることに。
2階3階へと、ぐるっと回って上がるスロープの中心になっているのだなっ。これが。
しかし、上から見ると床に描かれた模様が騙し絵のようで、
頭がくらくらするのであります。

2016.11.12岡林信康と京フィルコンサートその1

 生まれる時代を間違えたフォーク男としては、
吉田拓郎さんや泉谷しげるさんほどの思い入れはないものの、
一時はフォークの神様と呼ばれた岡林信康さんも、一度は生で聴いておこうと出向いたのであります。
2階席なら、2000円とチケットも安いしねっ。
行き慣れたライブハウスとは趣きが違います。
悔しいことに音響が断然に良いです。
2部構成で、一部の前半が京都フィルハーモニー室内合奏団の演奏。後半が岡林信康さんの弾き語り。
休憩を挟んで、2部の一曲目のみ京都フィルハーモニー室内合奏団、その後はラスト一曲を除き競演であります。
 弦楽器の一音が鳴り響くなか、照明が暗くなっていく、
聴くならソロだなんて、うそぶいていたのでありますが、
重なりあって流れてくる音に包まれ、楽団も悪くないなと感心したのであります。
今度、クラシックのコンサートで来てみようかなとも思ったのでありますが、
曲の合間毎にしゃべくる指揮者は如何なものでしょう。
曲のタイトルだけでいいのに、何でウケを狙うかなぁーっ。
せっかくの余韻が台無しなのであります。
もっと自分等の演奏に自信を持ったらいいのに。

京都植物園の植物の壁

 70歳になられた岡林信康さんでありますが、
驚くほど声が出ておりました。いい声であります。
一曲目から「山谷ブルース」。
一時は部落問題との関わりが嫌になり封印していた「チューリップのアップリケ」「手紙」も
いつの間にか封印を解かれたようであります。(今日は「手紙」は演奏されませんですたが)
本人が途中で「沈みぱなしで、今や深海魚になってしまいました。これからは、フォークのダイオウイカと呼んで下さい」と
笑いを誘っておられましたが、懐メロ歌手になってしまうには、勿体ない。
48年の積み重ねの先を見せて欲しいと、
生まれる時代を間違えたフォーク男としては願うのであります。
先に書いたことと矛盾するようですが、
今度は体温の感じられるライブハウスで聴いてみたいなぁーっ。
スポンサーサイト
    21:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://soulosamu.blog121.fc2.com/tb.php/454-3efad2ea
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード