ウソブクタマシイ ある日の想い

 
27
 
5月27日、鴨川

 絵に描いたような晴天であります。
このまま空を眺めておってもいいのでありますが、
ちょっくら、本日、画廊巡りであります。

またもや、ギャラリーヒルゲート

 三条寺町を上がったところは画廊街なのであります。
一時は平安画廊がなくなり、画廊の空きがあったりで寂れかけていたものの
少しは勢いを取り戻したかなっと思ったのでありますが、
ある画廊のおばさんの話しでは「ニッパチは駄目なのよー。安くしとくし借りてくれない」との
ことなのでありました。
写真は2週続けてのヒルゲートさん(展示は違います)
先週は気付かなかったけれど、
いつの間にやら外観が変わっていたのだねっ。
地味で目立たなかったけれど、前の古風な外観の方が好かったなぁーっ。

京都文化博物館「いつだって猫展」その1

 ここの外側は、そのままにしといてねっとお願いしたい京都文化博物館。

京都文化博物館「いつだって猫展」その2

 もっと早く来るつもりだったけれど、
いつぞやに国立博物館と間違えて、今日になってしまった「いつだって猫展」
間違えたのね~っ

京都文化博物館「いつだって猫展」その3

 中庭に鎮座する、まゆまろ。
右端の猫に襲われたのか、ぼろっちくなっております。
誰ぞ直して上げて下さい。
いつもの博物館と違い、いたるところに猫パネルが置いてありました。
探して歩くのも面白いかもしれません。

京都文化博物館「いつだって猫展」その4

 恐るべし猫人気であります。
大半が女性客でありました。老いも若いも同じような嬌声を上げて御覧になられておりました。
浮世絵だけでなく、招き猫や紙の着せ替え人形なども展示されておりました。
「あそんでみよう」と云われても、
女性客に混じって、思わず嬌声を上げておった僕でありますが、
さすがに、ここで着せ替え遊びをする勇気は御座いません。

京都文化博物館「いつだって猫展」その5

 ボールペン、ゲットなどと喜んでおる場合ではありません。
そろそろ、他人の絵ばかり観てないで、
自分の絵を描かんといけません。
しかし、好い陽気であります。・・・・・・眠い。
一説によると寝子から猫となったそうであります。
僕も、もう少し、丸まって・・・・・・グーグーzzzzzzzz。

スポンサーサイト
    20:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード