ウソブクタマシイ ある日の想い

 
16
 
前島哲也さん御所人形展

 Facebookの方に書いたのでありますが、
何やら自分の言葉を見失ってしまったようで、近頃、版画から遠ざかっておるのであります。
ならばと、アクリル画を手掛けておったのでありますが、
どうも症状は重症なようで、今度は顔を描けなくなったのであります。
目は口程に物を言うなどと謂われますように、顔も言葉を持っておるのであります。
ほぅほぅ、そちらの言葉も見失ってしまったのかと感心しておるのであります。
次の僕の個展は、もしかしたら風景画が中心になってしまうやもしれませぬ。
 
 個展といえば、3月1日より前島哲也さんの人形展が催されるのであります。
時折、作品の顔は作者の顔に似てるとおっしゃる方がおられるのでありますが、
確かに描いている時に、気付けば描いている絵と同じ表情をしている時がありますが、
僕自身は、自分の絵と、ちっとも似ておらず、
作品を実際の僕に投影して下さる方に申し訳なく思っておるのであります。
前島さんも、人形と似ていると言われることが、時折あるそうですが、
御本人は、人形の持つ穏やかな目と異なり、
何でも見てやろうというような意欲的な大きな目をなさっておるのであります。
前島さんは絵も描かれておるのでありますが
(残念ながら絵の方は今回は展示されてないと思います)
きっと前島さんは否定されるでしょうが、
それは御本人よりも奥さんによく似ていて、ちくっと好いなと僕は思っているのであります。

  前島哲也 御所人形展
 3月1日(水)~7日(火)本館6階美術画廊
 松坂屋静岡店
 〒420-8560静岡市葵区御幸町10-2
 営業時間10時~19時30分
スポンサーサイト
    21:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
03
 
 昨年、豆を拾えなかったリベンジと
(詳しくはこちら→2016.2.3
藤森神社は、豆に商品の当たるクジが付いているので、人が多すぎるので諦め、
地元で夕方に豆まきがあり、なおかつ振るまい酒があるところを、
インターネットで検索し出かけたのでありますが・・・・・・。

2017年瀧尾神社その1

 あれ?閑散としております。
何も始まりそうな気配がありません・・・・・・。

2017年瀧尾神社その2

 どうやら、記事が古かったか、がせ情報だったか、
僕の得意の早とちりだったようであります。

2017年瀧尾神社その3

 まぁまぁ、それはそれとして、
こちらの瀧尾神社、なかなか素敵な神社なのであります。

2017年瀧尾神社その4
 
 社殿に見事な彫刻が施されておるのであります。

2017年瀧尾神社その5

 干支の他、麒麟や獏など空想上の動物などもおるのであります。
こちらは、今年の干支の鶏であります。

2017年瀧尾神社その6

 そして何といっても見どころは、拝殿の天井におわす全長8mにもおよぶ龍の彫刻であります。

2017年瀧尾神社その7

 その昔、夜な夜な抜け出しては、近所の川まで水を飲みに行っていたそうで、
住民を怖がらせないように金網で閉じ込められておったそうであります。

2017年瀧尾神社その8

 豆は拾えなかったのでありますが、
こないだ来た時に修繕中で見れなかった龍が見れて良かった。

2017年瀧尾神社その9

 「あんた、それでいいんか?
 そんなに簡単に納得するから成長せえへんねんで、
 いつも何も得れへんねんで」
龍の化身でしょうか?拝殿に佇む猫に説教を喰らったのであります。

2017年瀧尾神社その10

 昨年と同じオチであります。
母よ、あなたは強かった。



    21:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード