ウソブクタマシイ ある日の想い

 
25
 
 版画を始めた頃は、文章と絵というスタイルからか、
よく東君平さんを引き合いに出されましたのであります。
好きな作家さんでは、ありますが、
その頃の僕は、
何やら悔しく、似ないように絵柄を変えたりもしたのであります。
僕自身も、そうなのでありますが、
人は自分の中の持っている物差しで測るものなのであります。

 前に僕の個展に来て下さった方が、ギャラリーのオーナーさんで、
また自身も版画教室で勉強されている方でありまして、
その方の先生の個展の案内状を頂いたので、
ちくっと覗きに行ってきたのであります。

2015年「山田喜代春さん個展」

 実は、この方、山田喜代春さん、以前から知っておりまして、
とは言っても、僕が一方的に知っておっただけなのでありますが、
やはり文章と絵というスタイル、おまけに同じ版画ということで、
よく引き合いに出されておった方なのであります。
最近は誰に似てようが似ていまいが、どうでもいいのでありますが、
ちくっとだけ三角の眼をして出かけたのであります。
ご本人、柔らかな人当たりの好い方でありまして、
スケッチやらも見せて頂いて、
最近、自分の絵の下手さ加減に驚愕しておったので、
やっぱり日々の積み重ねなのだなと反省した次第なのであります。
おまけにチョコレートを頂いたのであります。

2015・10・25鴨川

好い天気でありました。
さて、僕も頑張るべなっ。
スポンサーサイト
    21:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
15
 
相変わらず、水彩画から抜け出せず、
ペタペタと描いておるのであります。
どうも、僕はひつこいのか、視野が狭いせいか、
版画でも水彩画でも、同じ題材で描くことが多いのであります。

水彩画「白川橋その1」

こちらは、随分前に描いた京都三条の白川付近であります。
ちょうど紅葉の時期だったようであります。
同じ題材で描いた絵を観てもらったときに、
前の作品の方が良いと言われてしまうことがあるのであります。
突っ込んで訊いてみると、
皆、上手く言葉に出来ないようなのでありますが、
技術的なこと以外に何かあるようなのであります。

水彩画「白川橋その2」

こちらが、今回、描いた絵。
さて、僕は何を得て、何を失くしたんじゃろう?
何は、ともあれ毎回、
真っ新な気持ちでスケッチブックに向かえたらいいなっとなっ。
    22:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
07
 
 地に働けば角が立つ、情に掉させば流される、
意地を通せば窮屈だ、とかく人の世は住みにくい。
夏目漱石さんの小説「草枕」の有名な一節であります。

2015年秋のラーメンセット

 そんな訳で、馴染みの運送屋さんに、
ノルマが厳しく、前回は自腹で6セット購入するはめになったので、
半額でいいからと泣きつかれ、
またもや、ラーメンセット購入であります。
しかし、法的には、どうなってるのか解らないけれど、
僕が運送屋さんの立場なら、
角を立てまくって窮屈になろのも、おかまいなしに、断っちゃうねっ。

版画「藤純子さん」

 しかし、義理人情のヤクザ映画のように恰好良くないのは、
しっかり半額にして貰ったことなのであります。

アクリル画「高倉健さん」

 健さんのようには、なれませぬ。

    22:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
01
 
コーヒーブルース

 最近、ネタ切れの息切れ気味でありますが、
京都寺町の古本屋、三密堂さんの古書目録に書かせてもらっている原稿を入稿。
苦し紛れに先日の東京神保町で回った喫茶店の話しを少しばかり。
本日、載っけてる版画とは別のコーヒーを題材にした版画を載っけております。
興味を持たれた方は三密堂さんの店頭か秋の古本まつりでどうぞ!
    22:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード