ウソブクタマシイ ある日の想い

 
05
 
thumb_1186929717.jpg
陽気に誘われて古本市の帰り、鴨川沿いを歩いたのだけれども・・・・・。
お弁当を広げる恋人同士やら、涼をとる友達連れやら、家族に旅行者、
鴨川沿いは幸せそうな人々で一杯だったのだけれども、
僕の目を捉えてしまったのは、
ちくっと先のほんの数メートル先の橋の下に立てられたダンボール・ハウス。
そこは、他のダンボール・ハウスよりも大きく、
自転車に水槽(何故かウルトラマンの人形と一緒に、ちゃんと魚も泳いでいたのだ。)
ガラス・ケースには子どもの日らしく兜の飾りまで、物が並べられており、
でも、僕の目を捉えたのは、そんな物でなく、
そこに置いてある長椅子に腰かけテーブルの上のお菓子を食べる
真正面を見据え、真っ直ぐ背筋を伸ばした母親らしき女性と小学生3,4年生くらいの男の子と少し離れた所にいる、ここの住人らしき男性。
この光景に僕の頭は混乱してしまったのであります。
まさか自分の好奇心を満たす為に、興味本位で尋ねるわけにもいかず、
勝手な事を想像しては打ち消し、僕の頭は混乱したのであります。
お金がある事が幸せではないけれど、お金がない事が不幸ではないけれど、
僕の頭は混乱したのであります。
う~む、何だかなぁーっ。
スポンサーサイト
    21:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード