ウソブクタマシイ ある日の想い

 
18
 
2017年「ミュシャ展」その1

先週、京都伊勢丹にある美術館「えき」KYOTOで催されている
君も猫もみんなみんな大好き「ミュシャ展」に行ってきたのであります。
ミュシャさんの描かれるようなデザイン系繊細かつ緻密なお洒落絵は、
僕の描く絵からは遠いところにある分、憧れを持っているのであります。
しかし、風邪で体力とともに感性も低下しているのか、
以前、京都市の美術館で観た時よりも心が揺さぶられなかったのであります。
完成したリトグラフの作品よりも、
デッサンや下描き、作品の基になったモデルさんの写真に興味をそそられたのは、
僕の観方の問題なのかもしれませぬ。

2017年「ミュシャ展」その2

 しかし、デッサン、上手いです。
「デッサンが出来なければ、デッサンのいらん絵を描けばいいんやぁーっ」と
抽象画を描いていた先輩がおりましたが、やっぱり基本が出来ていないと駄目なのだなぁーっ。
ちくっと、僕の課題である、色気のある絵に挑戦したくなってきたのであります。
記念品グッズとともに、これが収穫といえば、収穫でしょうか。

京都国立博物館「国宝」展その1

 それで、本日は京都国立博物館「国宝」展へ行って来たのであります。
本日の空模様は雨。朝一なら空いているだろうと、
早めに出かけたのでありますが、あぁ・・・・・・長蛇の列。
先週の「ミュシャ」展は、ほとんどのお客さんが女性でありましたが、
こちらは、男女問わず様々な年齢層。子連れもちらほら。
うーむ、小学生が見るには面白い展示とは思えないのだけれども・・・・・・。

京都国立博物館「国宝」展その2

 ニヒルに決めるトラリン。
トラリンの後ろの入場待ちの長蛇の列が見えるでしょうか?
しかし、来る時期を間違えてしまった。
「雷神風神」も「天平美人」も「松林図屏風」の展示も終わっておった。
一期から4期までで入れ替えされておったのだなぁーっ。

京都国立博物館「国宝」展その3

 惹かれたのは、僕の云わば専門であるはずの絵でなく、
尾形光琳さんの「燕子花図屏風」「源頼朝像」でなく、土偶に仏像......そしてトラリンでありました。
どうも風邪で熱ぽいせいか、
今の僕は、洗練されたものよりも作り手の体温の残るように感じられるものに惹かれるようです。

京都国立博物館「国宝」展その4

 誰ぞやが、どんなに技術のある写真家が取った写真も、
恋人の旅先でのスナップ写真、何気ない家族写真には勝てないなんてことを書いていたけれど、
何の思入れもない源頼朝さんの肖像画を見ても技巧以上のものを見いだせなかったのであります。
あーぁぁ「雷神風神」観たかったなぁーっ。
スポンサーサイト
    22:02 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
06
 
2017年奈良町資料館

 奈良町資料館で催していた「奈良の空の下 優しく微笑もお地蔵さん」小池正さんとの二人展、無事終了しました。
お買い上げ下さった方々は勿論、来て下さった方々、応援して下さった方々、ありがとうございました。

小池さん作品その1

 急に寒くなったせいか、三連休の前日だったせいか、思っていたよりも客足が伸びずに
写真のように、不安に黙り込んだり、欠伸をしたり

奈良まち神社の猫神様

 神社の猫にお祈りしたり

2017年興福寺おみくじ

 おみくじを引いて行末を案じたり
おっ!大吉!
しかし・・・・・・
 仕事運 失敗の後が肝心。素直に認めよ。
 商売  下降線をたどる。辛坊せよ。
・・・・・・これは、大吉なのか?

二人展、花を頂きました。

 ちくっと不安を抱えておったのでありますが、
大輪の花とはいかずまでも、ちくっとだけ花を咲かせ、
タンポポの綿毛のようなものを幾つか飛ばすことができたようであります。

「奈良の空の下優しく微笑むお地蔵さん」その1

「奈良の空の下優しく微笑むお地蔵さん」その2

「奈良の空の下優しく微笑むお地蔵さん」その3

 僕の絵が、小池さんの作られるお地蔵さんの世界を壊さないかと危惧しておったのでありますが、
来て下さった方の話しでは、概ね好評だったようで、安堵しておるのであります。

「奈良の空の下優しく微笑むお地蔵さん」その4

 仏頂面でありますが、微笑んでおるのであります。
さてさて、奈良から余計なもの(風邪)まで頂いてしまったようで、
しばし、休息いたしますが、今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。
ではでは、あらためまして、小池さんの作品をお借りして

「奈良の空の下優しく微笑むお地蔵さん」その5


    23:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
28
 
『暢気眼鏡』その1

ナカガワ暢さんの個展に伺ってきました。

ナカガワ暢活動10周年記念個展
『暢気眼鏡』
10/28(土)~11/5(日) 11:00-18:30
(最終日は17:30まで)
アートステージ567
京都市中京区夷川通烏丸西入92 075-256-3759

10周年ということで、これまでの集大成のような展示でありました。
飾ってあった苔から生えたキノコのように可愛らしくも生命を宿した展示でありました。

『暢気眼鏡』その2

 素描からイラストにデザイン系まで、幅広い展示でありました。
もしかして、男性は女性に敵わないのかもしれません。
意外と思われるかもしれませんが、
男性の描く線より女性の描く線の方が大胆なのであります。
おまけに細やかさでも男性陣は分が悪いのであります。

 写真を撮ってもいいとのことでありましたが、
是非、足を運んで本物を観て頂きたいので、ほんのさわりだけ、
販売されていたものだけを写してきたのであります。

『暢気眼鏡』その3

 今回、僕が気になっていたのが、暢さんが学生時代に油絵具で描かれた自画像と、
今回の展示に向けて描かれた自画像だったのであります。
うーむ、そう来たかっ。ちくっとズルイなぁーっ。
いや、今の暢さんはこうなのかなっ。
気になった、お方は是非、ご自分の目で確認してくださいませ。

『暢気眼鏡』その4

 べっぴんさんのクリアファイル(500円)を頂いてきたのであります(安い)。
しかし、物販の一個一個にバッジ付けてたら赤字じゃないのかな?
クリアファイルのバックにあるのは、月曜日までに仕上げにゃいかん僕の版画の台紙なのであります。
あらららら。
あぁ、僕も台紙じゃなくって絵を描きたくなってきた。
しかし、手を出してしまったら確実に間に合わんなぁーっ。
絵を描くって楽しいねって思わせてくれる明るく楽しい展示だったのであります。
    00:35 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
16
 
 あんなに暑かった夏が、このまま涼しくなるのかといぶかるほど猛威をふるっていた夏が、
気がついたら身を引いていて、いつの間にか秋であります。
芸術の秋なのであります。
ちくっと東京滞在記は置いといて、芸術の秋を堪能してきたご報告であります。

地下鉄構内に自転車

 地下鉄丸太町駅構内に自転車!
誰ぞやのイタズラかと思いきや、前に回ると「駅業務」の貼り紙が。
うーむ・・・・・・迅速な業務、ご苦労さんと書きたいところだけれど、そんなに大きな駅かい?

アートステージ567

 アートステージ567さんで催されている「それぞれのネコ展」にうかがってまいりました。
総勢21名の方々が思いをこめた猫が、丸まったり伸びしたり跳ねたりしておったのであります。

2017年「それぞれのネコ展」その1

 こちら、ナカガワ暢さんさんの作品であります。(ご本人の許可を得て撮影しております)
夜の猫でありますねっ。

2017年「それぞれのネコ展」その3

 うむ、こちらは撮影失敗。何が描かれているか解りませんねっ。
どうぞご自分の目で確かめに行って下さい。

2017年「それぞれのネコ展」その2

 落ち着いた好い雰囲気のギャラリーであります。
模写する少女。将来の画家さんでありましょうか。
「それぞれのネコ展」明日の5時までの催しであります。
絵の他にも置物や小物雑貨が展示販売されておるのであります。

写真展オードリー・ヘプバーン

 猫のようにしなやかで、
猫の目のように表情豊かな「写真展オードリー・ヘプバーン」も覗いてきたのであります。
こんな表情豊かに魅力的な方だと写真家も撮っていて楽しいだろうなと思ったのであります。
9割方のお客さんが女性でありました。
そういや、ヘプバーンさんの主演作で僕の好きな「パリの恋人」は女性には、いまいち不評のようであります。
本屋で働く少女が、ファッションモデルとして見いだされと、よくあるシンデレラ・ストーリーなのでありますが、
相手役のフレッド・アステアさんが年を取り過ぎているというのが理由のようです。
夜の庭でステッキを小道具にアステアさんが、
闘牛士を演じるダンスシーンは見事なのでありますが、確かに王子様ではないですねっ。
こちらは、大丸ミュージアム京都にて、9月25日までの催しであります。

2017年ー東京猫その1

 おまけ、東京で再会した猫であります。
画廊近くの駐車場を住処にする町猫。2年ぶりの再会であります。
随分と貫禄が出て来たなぁーっ。また再来年に会おうぞよ。

2017年ー東京猫その2

 帝釈天参道の看板猫であります。
前に参道の真ん中で横になって撫でさせてくれた猫も健在で、店の奥で寝ているとのことでありました。
しかし、商品の上で良いのか?
寝にくくないのかねっ?
さてと、朝、早かったので、僕も猫のように丸まりますかい。
    11:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
27
 
5月27日、鴨川

 絵に描いたような晴天であります。
このまま空を眺めておってもいいのでありますが、
ちょっくら、本日、画廊巡りであります。

またもや、ギャラリーヒルゲート

 三条寺町を上がったところは画廊街なのであります。
一時は平安画廊がなくなり、画廊の空きがあったりで寂れかけていたものの
少しは勢いを取り戻したかなっと思ったのでありますが、
ある画廊のおばさんの話しでは「ニッパチは駄目なのよー。安くしとくし借りてくれない」との
ことなのでありました。
写真は2週続けてのヒルゲートさん(展示は違います)
先週は気付かなかったけれど、
いつの間にやら外観が変わっていたのだねっ。
地味で目立たなかったけれど、前の古風な外観の方が好かったなぁーっ。

京都文化博物館「いつだって猫展」その1

 ここの外側は、そのままにしといてねっとお願いしたい京都文化博物館。

京都文化博物館「いつだって猫展」その2

 もっと早く来るつもりだったけれど、
いつぞやに国立博物館と間違えて、今日になってしまった「いつだって猫展」
間違えたのね~っ

京都文化博物館「いつだって猫展」その3

 中庭に鎮座する、まゆまろ。
右端の猫に襲われたのか、ぼろっちくなっております。
誰ぞ直して上げて下さい。
いつもの博物館と違い、いたるところに猫パネルが置いてありました。
探して歩くのも面白いかもしれません。

京都文化博物館「いつだって猫展」その4

 恐るべし猫人気であります。
大半が女性客でありました。老いも若いも同じような嬌声を上げて御覧になられておりました。
浮世絵だけでなく、招き猫や紙の着せ替え人形なども展示されておりました。
「あそんでみよう」と云われても、
女性客に混じって、思わず嬌声を上げておった僕でありますが、
さすがに、ここで着せ替え遊びをする勇気は御座いません。

京都文化博物館「いつだって猫展」その5

 ボールペン、ゲットなどと喜んでおる場合ではありません。
そろそろ、他人の絵ばかり観てないで、
自分の絵を描かんといけません。
しかし、好い陽気であります。・・・・・・眠い。
一説によると寝子から猫となったそうであります。
僕も、もう少し、丸まって・・・・・・グーグーzzzzzzzz。

    20:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード