ウソブクタマシイ ある日の想い

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
09
 
2018年夏₋白川通り

 症状は軽いのでありますが、紫外線アレルギーなのであります。
そして、自分の汗にやられてしまうのであります。
しかし、せっかくの梅雨の合間の貴重な晴れ間、
しかも、休みの日に出かけなくては勿体ないというものなのであります。

 しかし・・・暑い・・・・・・。

 白川に足を浸し外国人の女性二人が涼んでおりました。
絵になりますねっ。
羨ましい。僕も横でジャブジャブやりたいぞっ。
いや、助平心でなしに涼をとるためです・・・・・・。
しかし、いつから日本人は、眼の大きくて鼻筋の通った女性を
美人と認識するようになったのでありましょう?
平安美人は、ぽっちゃり色白、眼は細かったんじゃなかったけ?
江戸時代は美人の表現に、うりざね顔と使われてたような記憶が・・・・・・。

6月9日₋平安楽市

 平安神宮前の岡崎公園で催されている平安楽市であります。
「沖縄料理店の作ったサーターアンダギー」なるものが売られておったのであります。
ボコボコした表面でなく、やけに綺麗なボール型に不安を覚えたのでありますが、
サーターアンダギーに目がない僕は4つ購入。
中がフワフワで、これは・・・これは・・・・・・もはや、サーターアンダギーではないではないかっ!
うーん・・・・・・僕は普通のサーターアンダギーの方が好きだなっ。
公演の中央ではライブも催されておったのでありますが、
可哀そうにお客さんは2~3人でありました。
自分の個展と重なって身につまされるなぁーっ。

セイレナ・アンさん

 岡崎公園に隣接した蔦屋のイベントでプロが謡ってるんだもの
そりゃ人、来ないわなっ。
音響設備が違い過ぎます。岡崎公園でのライブしている二人組の所まで音が流れてくるのであります。
そして美人さんであります。ハーフさんであります。
ちくっと変なテンションでありましたが・・・・・・。
セイレナ・アンさんだそうです。
しかし、日本人の美人の基準はいつから変わったのでしょう?

2018・6・9-平安楽市
スポンサーサイト
    17:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
02
 
「スペイン料理祭2018年」その1

 京都国際交流会館で催されておる「スペイン料理祭」とやらに
行ってきたのであります。
写真はシードラだったけ?リンゴのお酒であります。

「スペイン料理祭2018年」その2

 料理祭なのでありますが、
僕は食に対しての欲求が薄いのであります。
食べ慣れぬものを食べると腹を壊すのであります。
そんな訳で、行列の出来ていたパエリアは素通りなのであります。

「スペイン料理祭2018年」その3

 名前は忘れたけど、これは食べました。
パンに肉と野菜の煮込みみたいなのが挟んだやつ。
日本向きに味付けされているのか美味しかったのであります。

「スペイン料理祭2018年」その4

 フラメンコ、初体験であります。
何となくカルメンというと、場末の酒場で独り踊る姿を想像してしまうのでありますが、
蒼空の下、情熱のフラメンコであります。
近くにいたおばさん達が踊り子さん達を見ながら「みんな、おっぱい詰めてはるわ」と
話されておったのであります。
女性と男性では視点も受けとり方も違うようであります。
面白れーっ。

「スペイン料理祭2018年」その5

 しかし、暑い。
お天道様も歌も暑苦しい・・・・・・。
おまけに、フラメンコ軍団の方々も濃くって暑くるしい(失礼)。
フラメンコの主役は、踊り子さんよりも歌とギターなのだなぁーっ。
あぁ、しかし、暑い。
暑さに倒れた僕は、薄れていく意識の中、僕はカルメンと踊ったのであります。
誰か彼女に伝えてくれよ~♪ホームのはじで待ってるはずさぁ~♪
「アンダルシアに憧れて」なのでありました。

「スペイン料理祭2018年」その6
    20:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
24
 
版画「メリークリスマス」

 昔、子どもらと遊ぶ会のようなものの青年部に所属していたのであります。
(本当は僕らがどれだけ理解してたかは、ともかく、地域交流や子どもに良い文化をなる主旨の会でありました)
そこで、クリスマス会の催しがあったのであります。
僕はそこで、クリスマスにちなんだ豆絵本を作って子どもらにばらまいたのでありますが、
(2年、続けて、各年に3冊づつ、計6冊、作ったのであります。)
その中に、サンタクロースは親だといった内容を描いておったのであります。
その豆絵本を読んだお母さんから
「うちの子、小学校三年生ななるのに、まだ信じてたんですよっ。
どうやって、本当のことを伝えるか、どうしようかと思ってたんですよ。」と感謝されたのでありますが、
描いた当の本人は、そんなことを考えていなかったので、
小学校3年生が信じてたって好いじゃないかと
えらいことをしてしまったと、忸怩たる思いにかられたのであります。
この季節になると、表現に対する覚悟と責任を自分自身に再確認するのであります。
普段は、ついつい衝動や思いつきで走ってしまうからねっ。
今年も残りわずか、皆様、好い年末をお過ごしくださいませ。
貴方が本物のサンタさんに会えますように
貴方が本物のサンタさんになれますように、
メリークリスマス!
    20:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
03
 
 昨年、豆を拾えなかったリベンジと
(詳しくはこちら→2016.2.3
藤森神社は、豆に商品の当たるクジが付いているので、人が多すぎるので諦め、
地元で夕方に豆まきがあり、なおかつ振るまい酒があるところを、
インターネットで検索し出かけたのでありますが・・・・・・。

2017年瀧尾神社その1

 あれ?閑散としております。
何も始まりそうな気配がありません・・・・・・。

2017年瀧尾神社その2

 どうやら、記事が古かったか、がせ情報だったか、
僕の得意の早とちりだったようであります。

2017年瀧尾神社その3

 まぁまぁ、それはそれとして、
こちらの瀧尾神社、なかなか素敵な神社なのであります。

2017年瀧尾神社その4
 
 社殿に見事な彫刻が施されておるのであります。

2017年瀧尾神社その5

 干支の他、麒麟や獏など空想上の動物などもおるのであります。
こちらは、今年の干支の鶏であります。

2017年瀧尾神社その6

 そして何といっても見どころは、拝殿の天井におわす全長8mにもおよぶ龍の彫刻であります。

2017年瀧尾神社その7

 その昔、夜な夜な抜け出しては、近所の川まで水を飲みに行っていたそうで、
住民を怖がらせないように金網で閉じ込められておったそうであります。

2017年瀧尾神社その8

 豆は拾えなかったのでありますが、
こないだ来た時に修繕中で見れなかった龍が見れて良かった。

2017年瀧尾神社その9

 「あんた、それでいいんか?
 そんなに簡単に納得するから成長せえへんねんで、
 いつも何も得れへんねんで」
龍の化身でしょうか?拝殿に佇む猫に説教を喰らったのであります。

2017年瀧尾神社その10

 昨年と同じオチであります。
母よ、あなたは強かった。



    21:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
04
 
2017年おめでとう!

年が明けて早4日・・・・・・何もせぬまま、365分の4日、空けてしまいました。
昨年末に新調した彫刻刀を握ることもなく(こいつが手に馴染んでくれない)
酉年だというのに・・・・・・
(コッケコっこーの意味がわかったよ♪時間には意味がある♪と友部正人さんが歌われておりました)
やったことといえば、眼鏡を新調したぐらいであります。
(年末の年賀状書きで視力の衰えを痛感。右が近視で左が遠視。おまけに乱視のおまけ付きであります)
あーぁ、明日から頑張ろう・・・・・・。
(鼻の奥がムズムズするのです。どうやら、風邪をひいたみたい。今夜は養生いたします)
そんなこんなで、皆様、今年も宜しくお願いいたします。
    18:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。