ウソブクタマシイ ある日の想い

京都在住のゲージツ家、早川修が日々の生活で感じたこと想ったこと。 気まぐれに不定期更新なのです。
 
10
 
京都国立近代美術館「ゴッホ展」その1

 京都国立近代美術館であります。
ゴッホ展であります。巡りゆく日本の夢という副題がついております。
ゴッホさんの作品だけでなく、
ゴッホさんに影響を与えた浮世絵も一緒に展示されておるのであります。
前に観た「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」も同じような展示の仕方で、
その時にも感じたのでありますが、
洋画と浮世絵を交互に見せられると気持ちの切り替えが上手くいかずに
集中出来ないので好きではありません。

京都国立近代美術館「ゴッホ展」その2

 しかし、ゴッホさんの厚塗りの油絵に発色、印象ともに負けない広重さん北斎さんは、
改めて凄いもんであります。
忘れがちでありますが、浮世絵は一部の愛好家のためのものでなく
庶民のものだったのであります。
当時の日本の文化水準は高かったのでありますねっ。

京都国立近代美術館「ゴッホ展」その3

 森村泰昌さんが製作したゴッホさんの《寝室》であります。
写真撮影自由とは知っておったのでありますが、
残念ながら上がって絵の一部になることは出来ず、手前での撮影のみでありました。
作家の藤本義一さんがゴッホさんのファンで、
別荘の小部屋に同じようにゴッホさんの《寝室》を作られておりました。
ちくっとした縁で、一度、話せてて頂いたことがあるのでありますが、
その時にゴッホさんは狂人だったから、あのような絵を描けたのでなく、
正常に戻った時に絵を描かれていたのだとおっしゃられておったのであります。

京都国立近代美術館「ゴッホ展」その4

 うーむ・・・・・・しかし・・・・・・僕は・・・・・・やっぱり、ゴッホさんは、き〇がいだったと思うのだっ。
何故、そこに赤を使う。あぁ、線で描くのねっ。
チューブからひねり出したままの絵具を使うのねっ。
上手く描けないからと耳を切り落としちゃったゴッホさん(諸説有り)
浮世絵を油絵で模写したゴッホさん、
僕等は技術じゃないところにゴッホさんには惹かれるのだけれど、
僕は、そっちには行けないし、行きたくないのねっ。
僕は、別の道から歩いていくぞなゴッホさん。
スポンサーサイト
    22:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
03
 
壬生寺₋節分₋その1

 節分であります。
今年は、壬生狂言でも観ようかと出かけたのであります。
しかし、人、人、鬼のように混んでいます。

壬生寺₋屋台₋お面屋

 あっ!ショッカーのお面!
しかし、これを選ぶ子どもがいたら、ちくっと問題があるような気がするなぁーっ。
(僕は、ちくっと欲しいけど・・・・・・)

壬生寺₋節分₋その2

 壬生狂言、最初の公演が1時から、それから1時間ごとにあるのでありますが、
12時半に着いた頃には、すでに2公演目、3公演目の列がなしていたのであります。
あゝ無理、無理。

壬生寺₋近藤勇像

 壬生狂言の代わりに、鬼にお参りに。
壬生寺は新選組の武芸の練習場に使われていた縁で、新選組隊士のl墓、壬生塚があり
鬼の局長、近藤勇さんの銅像があるのであります。
(近くに新選組が本拠地にしていた八木邸、前川邸があるのであります)

壬生寺₋近藤勇絵馬

 何かのアニメの影響でしょうか・・・・・・こうなると鬼の局長も形無しであります。

壬生寺₋起き上がりダルマ

 お土産に運の起き上がるダルマ守なるものを購入、
周りに置いてある豆は、母が伏見稲荷の豆まきでゲットしてきたものであります。
毎年のことながら「母よ、あなたは強かった」

鬼は外?福は内?

 ちくっと気になるのでありますが、
昨年の東京での個展で、小っちゃな鳥かごに入れた鬼の置物を見て
「おに、つかまってる。おに、かわいそう。」と呟きながら、
入って来た3歳の男の子がいたのでありますが、
(きっと彼は、ショッカーのお面など欲しがらないだろうなぁーっ)
はたして、彼の家では、豆まきはされるんでしょうか?
人形の後ろに写っている絵本は、文 山下明生さん、絵 梶山俊夫さんによる名作
「島ひきおに」と「島にひきおにとケンムン」であります。
今年の個展は関西。東京での個展は来年になるので、
その頃には彼は5歳になるのかぁーっ。
また、来てくれるようなことがあれば、プレゼントしたいけれど、
まだまだ先の話をすると、鬼が笑いますねっ。
    20:42 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
15
 
東山五条その1

 五条坂は陶芸の町なのであります。
小さな庭にお坊さんの焼き物が鎮座しておりました。
本日は昨日の続きで東山散歩後編であります。

東山五条その2

 町家の窓が釣り鐘型になっております。
こういった遊び心は好いなぁーっ。

豊国神社その1

 ずんずん南下して、初詣の仕切り直しの豊国神社であります。
豊臣秀吉さんが祀られておるのであります。

豊国神社その2

 「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」 織田信長
 「鳴かぬなら鳴かしてみようホトトギス」 豊臣秀吉
 「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」 徳川家康
三人の武将の気質を現わした句でありますが、
最近の研究では、大分と変わってきているようです。
残忍だと思われていた信長さんは、新たな手紙の発見により
随分と部下思いだった説が浮上してきているようであります。
新たな発見により過去が変わるというのは何やら面白いですねっ。

豊国神社その3

 この神社には僕が神社を訪れる際に秘かな楽しみにしている狛犬がおりません。
その代わりといっちゃなんですが、立派な釣り鐘の天井部分には、
色褪せてはいるものの、素敵な鳳凰や天女が描かれておりました。
ちなみに僕なら「鳴かぬなら それでもいいよホトトギス」であります。

豊国神社その4
 
 この神社を2度目の初詣に選んだのは・・・・・・単に干支御籤があるからであります。
ちっ!中吉かっ!
秀吉さんには、何の思い入れもありません。
それどころか、晩年の陰湿な残忍さを持った秀吉さんは嫌いなのであります。
あっ!しまった!

耳塚(鼻塚)

 すぐそばに耳塚があるのを忘れて前を通ってしまったのであります。
秀吉さんの命により朝鮮出兵で集めてきた耳や鼻が弔われておるのであります。
何とも言い難い陰な空気が漂っているのであります。
どうやら、今回のもなしにして、僕は三度目の初詣に向かわなければいけないようであります。
    23:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
14
 
雪の東山

 寒い、寒い。底冷えの京都なのであります。
そして、あっけなく寒さに負けた僕は半冬眠状態なのであります。

市川屋珈琲

 しかし、気力を振り絞って・・・・・・あぁ、雪降っとたのかっ・・・・・・東山散歩前編なのであります。
まずは、今、フルーツ・サンドイッチで話題の市川屋珈琲であります。
時間が良かったのか、僕は待たずに入れたのでありますが、
僕の後、しばらく行列が出来ていたのであります。
しかし、店の混み具合にもかかわらず店内は静かであります。

市川屋珈琲モーニング

 聴こえるか聴こえないかと微妙なBGM。
清潔な店内。テキパキとした従業員。コーヒーを注ぐ前に湯煎。
禁煙なのは残念でありますが、好い喫茶店であります。
硬派な僕はフルーツサンドでなくモーニングを注文。
(もうちくっと酸味の強いコーヒーの方が僕は好みかなっ)
ほとんどのお客が頼んでいたフルーツサンド、厚切りで女性にはちくっと食べづらそうでありました・・・・・・
見栄を張らずに頼めば良かった・・・・・・。

河井寛次郎記念館その1

 本日の目的地その1の河井寛次郎記念館であります。
河井寛次郎さんは土と炎の詩人と呼ばれた陶芸作家であります。
窯を使えなかった戦時中、多くの言葉を残されているのであります。
「うちの父が好きなの。早川さんなら、きっと好きになるわ」と河井寛次郎さんの本を貸して貰ったのは、
あれは何年前のことでありましょう。

河井寛次郎記念館その2

 この写真を観てピンときた人は、かなりの寅さんファンでありましょう。
第29作「男はつらいよ あじさいの恋」でロケ地となった場所なのであります。
寅さんシリーズ、屈指の切なさを描いた映画と実体験が相まって・・・・・あぁ・・・・・・。

河井寛次郎記念館その3

 気を取り直して、ほいっ。
しかし、落ち着くのであります。
この家屋自体、河井寛次郎さん自らの設計だそうであります。
さすが、民芸運動に関わられておった河井寛次郎さんであります。
見た目の綺麗さだけでなく機能美にもこだわられて調度品を選ばられておるのであります。

河井寛次郎記念館その4

 好い具合にお尻が収まるのよぅこれが。
 
河井寛次郎記念館その5

 「はっ!」中庭に宮沢賢治さん!

河井寛次郎記念館その6

 北大路魯山人さんの本を読んだ時に、若手の有望株に河井寛次郎さんの名を上げながらも
絵が拙いと批判されていたのは驚いたものであります。
当時、北大路魯山人さんの絵の方が朴訥に見えて
河井寛次郎さんの絵は僕にはデザイン的に見えたからであります。

河井寛次郎記念館その7

 うーむ、今もって解らん。
成長出来とらんのか僕は・・・・・・。

河井寛次郎記念館その9

「売るという事が始まってからの物の乱れ、
わかりもしない人の好みを相手に作る事からの物の乱れ、
先ず自分の為に作らねばならない、自分を喜ばす物から作らねばならない、
それからだ、それからだ 」
河井寛次郎さんの言葉であります。

河井寛次郎記念館その8

 「あんたも、しっかりしいやぁーっ(色んな意味でな)」
帰りに猫が見送ってくれたのであります。
しかし、記念館に住んでいるとは羨ましい限りの猫であります。
冬眠してる場合ではありませんねっ。
    23:02 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
 
07
 
即成院その1

 毎年、その年の干支にちなんだ神社仏閣へと初詣に出かけておるのであります。
今年の干支は戌なのであります。
戌ならば、狛犬のいる神社はそこらぢゅうにあるので、
困らないとお思いの方もおられるでありましょうが、
狛犬は狛犬であって犬ではないのであります。
(想像上の生き物なのだそうです。左右で別の生き物で、角有りが狛犬で、角無しが獅子だそうです)

即成院その2

 東福寺近くの即成院、ここに普通の犬の狛犬がおると調べてうかがったのであります。
何やら特別公開をしてるとのことでありましたが、
早い時間だったせいか、その様子がありません。
若い坊さんと業者さんが我関せずの様子で僕を顧みることなく
何やら庭に椅子やら傘やらをセッティングされております。
社務所も開いているのか、いないのか・・・・・・。
ちくっと嫌だっ。

即成院その3

 ここには那須与一のお墓があるのでありますが、
残念ながら修繕中で見ることが出来なかったのであります。
それで、この写真は与一の手洗い場。
ここで手を洗えば一千年の祈りで願いが叶うとやら・・・・・・
横にある自動販売機で100円の石鹸を買って手を洗えとなっ!
何か嫌だっ。

即成院その4

 本殿の横に置かれた妖しげな玉「美道」と刻まれております。
願えば美肌になるそうであります。
どこぞやの美容関係の会社の寄付だそうであります。
とても嫌だっ。

即成院-狛犬その1

 しかし、よくよく考えるとお寺に狛犬って変じゃない?
高野山へと弘法さんを犬が案内したことに因んで建てられたそうであります。
(各地にこの伝説は伝わっているようで、各地に由来のお寺があるのであります)
犬の奥に見えるのが弘法さんであります。

即成院-狛犬その2

 僕が、この寺に好印象を持たなかったのが伝わったのか、
何やら、この犬、威嚇しているようであります。

即成院-狛犬その3

 こちらが、お賽銭を放りこんだあとの犬の表情であります。
(しっかりと、お賽銭分以上、お願いしておいたのでありますが)
うーむ、やっぱり初詣は神社で仕切り直しをしよう。
    20:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

早川修

Author:早川修
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード